こころのケアを。

うつ病の種類

人差し指をたてる

うつ病の検査について

日常生活を送ることで、嫌なことがあると、落ち込むこともあります。しかし、うつ病の場合は、日常生活を送ることができないほど、落ち込んでいたり、やる気が出なかったりします。うつ病の場合は、病院で検査をして、治療を進めていくことが大切です。検査をすることで、原因が分かる可能性もありますが、すぐに治らない場合が多いです。強いストレス、遺伝などが原因となることが多いです。うつ病と一言で言っても、様々な種類があるので、検査をする場合はその種類について知っておいた方が良いです。

注意すべき点について

うつ病の初期段階と言われるのが、抑うつです。抑うつは、うつ病ではなく、うつ病になる一歩前の状態のことです。抑うつの症状は、環境の変化に心が追いつかずに、やる気が起きないというものです。抑うつの多くは、一時的な物なので、時間が経てば自然に治っていくのですが、自殺したいと思っていたり、より深い悲しみや気分の落ち込みが継続したりする場合は、うつ病になってしまいます。

うつ病の中でも、患者数が多いのが、大うつ病です。病院で検査をして、大うつ病と診断されると、うつ病が悪化した状態と思う人も多いですが、この「大」というのは、大多数を意味しています。大うつ病と診断されるのは、いくつかのチェック項目があり、それに当てはまる場合は、大うつ病と診断されます。チェック項目では、自分自身の証言だけではなく、他の人から見ての状態もあります。病院で検査をすることも大切ですが、周りのサポートをすることも非常に重要なのです。周りの人が支えて、治療に協力することで、少しずつ状態が良くなっていきます。1人だとどうしても考えこんでしまい、落ち込みが続いてしまいます。そこで、周囲の人が励ましの言葉を与えたり、元気を与えたりすることが大切です。他にも双極性障害、軽症、中等症、重症、仮面、非定期型、退行期など様々あります。

うつ病患者が年々増加しているといわれる現代においては、インターネットで簡単に簡易検査を行うことができるサイトがあります。チェック項目が複数並んでいますので、それがのチェック項目について自分の事を確認するようにしてください。そこでいくつチェックが入ったかどうかでうつ病かどうかが分かるのです。もちろん、簡易的な検査ですから全てを鵜呑みにするのはやめてください。しかしながら、簡易的な検査として行う分には非常に有効なので空き時間などにインターネットサイトを見てみると良いでしょう。自分がうつ病かもしれないと疑っている場合には、インターネットによる簡易検査をしてみることをお勧めします。もちろん、心療内科でも検査を受けることができます。

インターネットによる簡易検査を行う際には注意するべき点があります。その検査は正式な検査ではないと言うことです。チェック項目について確認するだけですので、精度はとても低いものです。男に着できると言うメリットがありますが、きちんと心療内科での診察を受けることが重要なのです。うつ病については自己判断してしまうことが1番危険なのです。心療内科の先生と相談をしながらうつ病の治療を進めるようにしてください。自分が考えている以上に、うつ病の治療は手間がかかります。自分と向き合うつもりでうつ病の治療に専念するようにすると良いでしょう。とても厄介な病気ではありますが、薬物治療などによって治療することができます。あきらめずに取り組むようにしてください。